ハゲてることがストレスなら治療中はウィッグを使う

髪を気にする男性

ハゲていることがストレスになるのであれば、治療中はウィッグを使うと良いです。
ストレスは思っているよりも体にダメージを与えているため、ハゲの原因になります。
人目が気になってストレスを感じているのであれば、髪が戻ってくるまでの期間はウィッグを利用しましょう。

最近はバレない優秀なウィッグがありますので、着用することで人目を気にしないで済みます。
髪にはヘアサイクルがありますから、治療を始めてもすぐにフサフサになるわけではありません。
人目を気にしないのが一番ですが、ハゲていると目立ちますのでどうしても気になるという方はいらっしゃいます。
ストレスを感じると交感神経が優位となり、太い血管の血流が活発になります。その結果、髪にとって大切な毛細血管は収縮して血流が悪くなってしまいます。
そうなると髪を育てるための栄養が十分に運ばれなくなり、ハゲてしまいます。

ほかにも自律神経が乱れることにより肩こりや不眠症など育毛によくない状態になってしまいます。
その状態を放置しておくことは治療の妨げにもなりますので、気になるのでればウィッグを利用しましょう。
バレない、外れないようなウィッグを利用すれば、治療中のストレスを軽減することができます。ストレスは自覚がなくても溜まっていることがあります。
そのため、自分自身でストレスを溜めているという感覚がなくても、ストレスによる諸症状があてはまるのであれば、ウィッグを検討してみるとよいです。

人目を気にしないで済む状況を作ることで、治療の効果も高くなることが期待できます。
ウィッグに抵抗があるという方もいらっしゃいますが、治療の途中に使用するわけですから、あまりに気にしないほうがよいです。
無意識のうちに人目が気になってストレスを抱えて治療に影響がでるよりは、ウィッグを利用して治療の効果を高めたほうが良い結果を期待できるからです。
治療の効果を高めたいなら、効果が現れるまでの期間、ウィッグを使うことを検討してみましょう。

雨にも風にも強い安心して使えるウィッグはある?

雨にも風にも強い安心して使えるウィッグはあります。ハゲが気になるのなら、自分に合っているものを探してみましょう。
ハゲの程度は人それぞれですし、体質も個人により違いがあります。
誰にでも合うウィッグというものがあるわけではありませんので、自分に合っているものを探して選ぶということが大切です。
注意しなければならないのは、ハゲ治療の効果が現れるまで一時的に使用したいという場合、安いものを選びたいという気持ちになることです。

一時的に使用するものだからといって、値段だけで決めてしまうのはよくありません。
雨に強い、外れない、といった機能を重視しないとかえってストレスの元になってしまうからです。自分の状態に合ったものを選んで利用しましょう。
ウィッグには種類があり、広範囲を隠せる全カツラのようなものもあれば、部分的に使用できる部分カツラもあります。
オーダーメイドのものもあれば、セミオーダーのものもあります。
人毛のものもあれば人工毛のものもありますし、その二つを混ぜ合わせて作られているようなものもあります。
見た目や手触りなどにも違いはありますが、お手入れの仕方などにも違いがありますので、自分にとって都合のよいものを選びましょう。

雨にも風にも強いというのも大事ですが、お手入れなどの点も事前に確認しておくほうが安心です。一時的に使用するといっても、お手入れは必要だからです。
現代人は忙しいですから、お手入れが簡単なタイプのほうがストレスなく使用することができます。
また、お風呂に行ったり、プールに行ったりなど、行動パータンを考慮に入れてストレスなく使えるウィッグを選ぶほうが安心です。
自分にとってストレスなく使えるものを雨にも風にも強いウィッグから選ぶとよいです。

関連記事