頭皮の油と食べ物の関係

髪に関して心配する男性

頭皮がべたつくときの原因としてあげられるのは、皮脂の分泌量が多いためというのが考えられます。
皮脂が過剰分泌してしまうと、フケや臭い、抜け毛や湿疹などのトラブルの原因となってしまいます。

この頭皮の皮脂は、毛穴から分泌されるもので、体の中の中性脂肪などの脂質が多いほど体外に排出されます。
体の中の脂肪が多くなる原因としては、食べ物から摂取される糖分や油分が多いことによって、皮脂の分泌が増えてしまい結果的に頭皮がべたつくようになってしまうのです。

普段の食べ物は、ダイレクトに頭皮の状態へと直結してしまいます。
揚げ物や肉類を好んで食べている人は油分が多く摂取されている状態で、ケーキやチョコレートなども脂質と糖分が多いものを頻繁に食べていれば、体に脂肪が蓄積しやすくなっており皮脂の分泌量が増えてしまいます。

また、食生活だけではなく、頭皮が不潔になっているとべたつきに繋がってしまいます。
朝にシャンプーをする場合には、汚れた状態で就寝するため正しい新陳代謝が行われずにべたつきの原因になってしまったり、運動不足などによって血行不良となってしまい頭皮の環境が悪くなり血行不良によって栄養や酸素が行き渡らなくなりべたつきの原因となるほか、薄毛などの症状も現れてしまう可能性があるのです。

その他、不規則な生活習慣やストレスなども皮脂の過剰分泌の原因となります。

べたつきを回避するためには、食べ物は肉や油の多いものではなく野菜などをしっかりと摂取して、シャンプーは頭皮に良いものを選んで正しい仕方で洗い、整髪剤などの油もきちんと洗い落とし、血行不良の原因となるタバコを控えて、運動などを行って血流を良くすることが大切です。

関連記事